小顔になれる情報【メスを使わないプチ整形】

手軽なプチ整形が人気

女性

人気の理由を探る

目がパッチリしている・鼻が高いなど美人の条件には色々な要素がありますが、「小顔」かどうかも美人と言われる条件の1つになっています。顔が大きくコンプレックスに感じているという人は、美容整形外科クリニックで受けられる美容整形で、小顔になってみてはいかがでしょう。美容整形といってもメスを使うような大掛かりな手術ではなく、最近はメスを使わないプチ整形が人気となっています。特殊な薬剤を顔に注入するだけで顔が小さくなるという手軽さ、そして費用のリーズナブルさから人気を集めているようです。美容整形外科クリニックで行われている、小顔になれるプチ整形には大きく分けて脂肪分解注射と、ボトックス注射の2種類があります。脂肪溶解注射は脂肪を分解する薬剤を注入して、少しずつ脂肪を溶解つまり溶かして顔を小さくするプチ整形です。ボトックス注射の場合は筋肉の動きを抑制する薬剤を注入することで、小顔効果を発揮するのが特徴となっています。顔にメスを入れることが無い、そして傷跡が残るリスクも無いことから脂肪溶解注射とボトックス注射は、多くの患者さんに選ばれているのです。プチ整形での小顔治療を受けたいという場合、脂肪溶解注射かボトックス注射どちらかを選ぶことになります。治療法を選ぶ基準として挙げられるのが、脂肪で顔が大きく見えているのか・筋肉で顔が大きく見えているのかという点です。頬やフェイスラインに脂肪がついていて顔が大きく見えるという場合、脂肪を溶かす作用のある脂肪溶解注射が向いています。奥歯を噛んでエラ部分にある咬筋という筋肉が、膨らんだように見えるという場合にはボトックス注射が有効です。咬筋部分の筋肉が過剰に発達してしまうと、その部分が大きくなり結果、顔自体も大きく見えてしまうケースがあります。筋肉の発達によって顔が大きく見えている人が、脂肪を溶かす脂肪溶解注射を受けても期待していたような小顔効果は得られません。逆に脂肪が原因の場合も筋肉に作用するボトックス注射だと、顔を小さくすることはできないので状態に合わせて施術法を選ぶということが大切です。頬やフェイスラインに脂肪がついて、たるみも気になるというケースは脂肪溶解注射、エラ部分を小さくしたい場合はボトックス注射をチョイスしてみましょう。