小顔になれる情報【メスを使わないプチ整形】

基礎知識を学ぶ

顔を触る人

メリットや治療方法

自分の顔を小顔にする場合には、マッサージなどを行い小さくすることも不可能ではありませんが、なかなか自分で行っても効果が出ない場合が考えられます。この場合には、美容整形外科に行き、小顔にしてもらう方法が良いでしょう。知っておくと良い情報の1つとして、美容整形外科の選び方があります。美容整形外科を選ぶ場合には、専門性の高いところを選んだ方が良いです。例えば、美容整形外科にも様々な種類がありそれぞれ何を得意としているかは異なります。顔を小さくしたい場合には、小顔を専門的に行っているところを選ぶ必要があります。次に、カウンセリングにしっかりと時間をかけてくれるところを選ぶ必要があります。カウンセリングの時間が短くてすぐに手術や注射を打つところよりも、しっかりと顧客の要望を聞いてくれる所の方が信頼できると言えるでしょう。結果的に、自分の理想としている顔に仕上げることが可能になります。さらには、手術をする場合とカウンセリングをする場合そして手術後の経過を見る場合は、全て同じ先生のところを選ぶのが良いです。美容整形外科で小顔にするための方法はいくつかありますが、代表的なものの1つはエラを削る方法です。この方法は、顎の骨が発達して、顔が大きく見えるタイプの人に有効な方法といえます。エラを削ることにより、正面から見たときの顔の大きさが一まわり小さくなり、結果的に小顔を実現することができるようになります。この方法は、メスを入れる必要がありますので抵抗がある人がいるかもしれません。しかし、少なくとも部分麻酔を行うためほとんど痛みが伴うはないこと、そして目立たないところにメスを入れるため人に気づかれにくいといったメリットがあります。手術をした後ダウンタイムはありますが、およそ2週間程度と考えておけばよいでしょう。もう一つの方法は、注射をする方法が考えられます。注射をする方法は、発達した筋肉を縮小させる場合に有効です。筋肉を縮小させるためには顎の周辺にそれぞれ注射を打ち、その経過を見て行きますのですぐに結果が出るわけではありません。ですが、メスを入れる場合に比べるとダウンタイムが短くなるのが特徴です。