小顔になれる情報【メスを使わないプチ整形】

BNLS注射の効果

BNLS注射は植物由来の成分で脂肪を溶解したり、肌を引き締める作用を発揮する小顔注射です。リバウンドしにくいといった特徴もあります。即効性のある施術ですが1回だけだと、効果が薄いことが考えられます。3回程度の施術が必要となるかもしれません。

顔を触る人

基礎知識を学ぶ

小顔にするための美容整形外科を選ぶ場合には、専門的な知識を持っているところとカウンセリングから術後の経過までを1人の先生が見てくれるところを選ぶべきです。施術はメスを入れる方法と、注射をする方法があります。

女性

手軽なプチ整形が人気

脂肪溶解注射やボトックス注射は薬剤を注入するだけで小顔になれるとして人気のプチ整形です。頬やフェイスラインに脂肪が多くついている場合は脂肪溶解注射が向いています。エラ部分にある咬筋という筋肉が発達している人にはボトックス注射がおすすめです。

看護師

治療は目的に合わせて

エラの膨張を改善して小顔になりたい時はボトックス治療が適しており、肥満気味の顔を小顔にしたいなら脂肪溶解注射が最適です。双方とも治療の前にカウンセリングが行われますが、施術はおよそ10分ほどで終わり、その後は化粧を整えて直ぐに帰れます。

女性

美容整形で美人を目指す

美人の条件に小顔があり、これを可能にするのが美容整形です。美容整形で小顔になるためには脂肪吸引や骨削りなどの方法があります。施術の費用については内容によって変わるので事前確認が必要です。また、ダウンタイムも考慮しておくと安心です。

アドバイスや特徴

カウンセリング

プチ整形もある

小顔整形は、整形手術の中でも人気がありますし、興味を持っている人も多いと言えますが、初心者の場合は手術というと抵抗がある場合も少なくないでしょう。実際に小顔整形では、エラ骨削りと呼ばれる方法があり、直接エラ骨を削ることでフェイスラインを細く見せることが可能ですし、永続的な効果を期待することができます。しかしエラ骨削りは、メスなどを使った2時間程度の手術が行われ、3日程度の入院も必要になりますし、費用も百万円を超えてしまう場合が多いと言えます。ですので初心者にはかなりハードルが高い方法だと言えますが、最近はメスを使わないプチ整形も増えており、小顔整形も比較的気軽に行うことができます。小顔のプチ整形には、ボトックスと呼ばれる薬剤を注射する方法があり、エラ部分の筋肉を薬剤で収縮させることによって顔を細くみせることが可能です。このボトックス注射は、手術時間が10分程度で入院の必要もありませんし、費用も十数万円程度と比較的安く済ませることができるため、初心者におおすすめの方法だと言えます。ボトックス注射による小顔整形の特徴を詳しく説明すると、まずボトックスというのは、ボツリヌス菌を由来とするタンパク質のことを指します。このボトックスには筋肉の動きを麻痺させたり萎縮させたりする作用があり、エラ部分の咬筋と呼ばれる筋肉に注射することで、その部分の筋肉が小さくして顔を細くすることができます。手術では、麻酔クリームなどが用いられるため痛みはごくわずかで済みますし、術後の腫れや痛みもほとんど無いと言われています。そして手術当日には、シャワーや洗顔なども可能であり、メイクも行うことができるため、日常生活への影響もあまりないということが言えるでしょう。小顔の効果に関しては、術後3週間〜4週間程度であらわれはじめ、そこから少しずつシャープになっていき、やがてほっそりとした顔立ちになっていきます。ボトックスの効果は半年〜1年程度でなくなるため、再び注射を行う必要がありますが、4ヵ月〜半年おきに5回程度注射を繰り返すことで、永続的な小顔効果を得ることができます。